潜水艦「せとしお」

3等海曹が整備中に事故死 神戸

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 23日午後1時55分ごろ、神戸市兵庫区和田崎町1の三菱重工神戸造船所で、海上自衛隊の潜水艦「せとしお」(全長82メートル、2750トン)内部の整備をしていた3等海曹の男性乗員(20代)が、機械に巻き込まれた。男性は約50分後に助け出されたが、死亡が確認された。海上幕僚監部の事故調査委員会が事故原因…

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文288文字)

あわせて読みたい

注目の特集