メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

池内 紀・評『二代目 聞き書き 中村吉右衛門』小玉祥子・著

大きな運命と小さな自由が無口な少年を大木に育てた

◆『二代目 聞き書き 中村吉右衛門』小玉祥子・著(朝日文庫/税抜き840円)

 歌舞伎役者はいつも厄介な立場にいる。たとえば「忠臣蔵」七段目、大星由良之助が敵討ちの計画をさとられないように、わざと酒に酔って、ふ抜け侍のふりをするくだり。酔っぱらいになってしまっては敵討ちの大義をもった人物ではなくなるし、酔わずにいたら九太夫らにさとられてしまう。微妙なギリギリのところで演じなくてはならない。

 しかも過去の綺羅(きら)星のような名優たちが名演を競ってきた。伝統芸のしばりでがんじがらめにされた…

この記事は有料記事です。

残り1215文字(全文1484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです