メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

72代横綱、稀勢の里 「綱の名に恥じぬよう精進」

横綱昇進の伝達式で口上を述べる稀勢の里(中央)と田子ノ浦親方夫妻=東京都千代田区の帝国ホテルで2017年1月25日午前9時36分、後藤由耶撮影

 日本相撲協会は25日午前、東京・両国国技館で理事会と春場所(3月12日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き、横綱審議委員会から推薦された稀勢の里(30)=本名・萩原寛(ゆたか)、茨城県出身、田子ノ浦部屋=の第72代横綱昇進を決めた。新横綱は2014年春場所後に昇進した鶴竜以来で、日本出身横綱の誕生は1998年夏場所後の若乃花以来、19年ぶりとなった。

 協会は昇進を伝える使者として春日野理事(元関脇・栃乃和歌)と高田川審判委員(元関脇・安芸乃島)を派遣。東京都内のホテルで師匠の田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)夫妻とともに待っていた稀勢の里は「横綱の名に恥じぬよう、精進いたします」と口上を述べた。土俵入りは雲竜型で、27日に明治神宮で初めて披露する。

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相が「内奏」 天皇陛下に国政報告 皇居で2人きり

  2. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 「みさき公園」ついに閉園 多くの人に愛され63年 大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです