メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

線路はつづくよ/青森

とうほく鉄道物語/14 JR水郡線・磐城塙駅 福島県塙町 キノコ屋根、にょきっ /青森

森林をイメージした屋根が連なるJR水郡線磐城塙駅。図書館など町の施設を合築したユニークな駅舎となっている=塙町で

プラザと図書館合築 憩いの場に

 キノコの傘のような形をした七つの屋根が、ホームに沿って連なる。福島県南端部の塙町にあるJR水郡線磐城塙駅。観光や物産などの情報発信基地「塙町コミュニティプラザ」と町立図書館を合築したメルヘンに出てくるような駅舎だ。森林をイメージした円すいや四角すいの屋根は、周囲の山並みに溶け込み、町の面積の約80%を森林が占める木の町・塙のシンボルとなっている。

 図書館は1992年、駅舎とプラザは翌年にオープンした。この奇抜なアイデアは、止まらない過疎化に町が…

この記事は有料記事です。

残り949文字(全文1189文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです