メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「この象徴という言葉は…

[PR]

 「この象徴という言葉は、文学なり、絵画なりの方面で使われてきましたが、法律上の用語として見るのは初めてであります」。占領下で新憲法を審議した帝国議会の議員は「象徴」と規定された天皇の地位について政府側をただしている▲別の議員は象徴とは「名言」であるが、「規定せざる規定だと失礼ながら思っております」と述べている。「国民に分かりにくい」との指摘もあった。なるほど憲法は「象徴天皇」のあるべき姿について何も語っていない▲その「象徴」の「望ましい在り方を、日々模索」されてきたとの昨年の天皇陛下のおことばだった。事あれば「人々の傍(かたわ)らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添う」ことを大切にし、全国各地を訪れて、「全身全霊(ぜんしんぜんれい)」をもって象徴の務めを果たしてきたと話された▲そんな営みへの国民の共感によって、今や豊かな意味を実らせた「象徴天皇」である。その務めが途切れなく続くようにとのお気持ちから始まった陛下の退位をめぐる論議だった。先日は政府の有識者会議の論点整理が公表され、法整備にむけ国会の議論も始まった▲退位を恒久制度にするか、陛下一代限りの特別法で行うかの両案の利点・課題を検討した有識者会議はやや一代限りに傾いた整理をした。気になるのは、国民の多くが共感した「象徴の務め」とその継承というテーマが論議の後景に追いやられたように見えることだ▲特別法を検討する政府に対し、野党の多くが皇室典範(こうしつてんぱん)の改正を求める国会では「政争」を避けても「熟議」が妨げられてはなるまい。象徴天皇のあり方をめぐる国民的な議論を後世に残す時である。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

    2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

    3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

    4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

    5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです