メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア和平協議

停戦監視へ枠組み 露・トルコ・イラン合意

和平協議を巡る相関図

 【モスクワ杉尾直哉、真野森作】カザフスタンの首都アスタナで行われていたシリア内戦の和平協議は24日終了し、仲介国のロシア、トルコ、イランの3カ国は、停戦監視メカニズムの構築で合意し共同声明に盛り込んだ。カザフのアブドラフマノフ外相が発表した。だが直接当事者のアサド政権側と反体制派武装勢力側は声明への署名を拒否し、和平実現の難しさが浮き彫りとなった。協議では昨年12月末発効の停戦体制強化が議論されたが、一部で続く戦闘などを巡り政権側と反体制派が対立。タス通信などによると両陣営は個別の直接接触は行わなかった。

 協議は対立する両陣営の後ろ盾ロシアとトルコが主導し、シリア和平を担当するデミストゥーラ国連特使や、アサド政権に近いイランの代表も参加。トランプ新政権が発足した米国は駐カザフスタン大使をオブザーバー参加させるにとどめた。

この記事は有料記事です。

残り1236文字(全文1602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです