軽量型ホームドア

実証実験へ…元カシオペア向谷さん考案

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
軽量型ホームドアの設置イメージ=日本信号提供
軽量型ホームドアの設置イメージ=日本信号提供

JR九州が今年秋以降、1年かけ

 人気フュージョングループ「カシオペア」元メンバーで音楽プロデューサーの向谷(むかいや)実さん(60)が考案した軽量型ホームドアについて、JR九州が筑肥線九大学研都市駅(福岡市西区)で実証実験を行うことを決めた。今年秋以降に始め、約1年間かけて検証したうえで正式に導入するか決める。

 向谷さんのアイデアをもとに開発した信号メーカー大手「日本信号」(東京都千代田区)によると、軽量型ホームドアの重量は、ドア1カ所分で約250キロと、これまで一般的だったタイプ(約400キロ)の約6割。ホームドアは重量によって、ホームの補強工事などが必要だが、軽量化によってコスト削減が見込めるという。

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文484文字)

あわせて読みたい

注目の特集