メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真賞

難病の娘、レンズで捉え続け…5年余で2万枚

長女結希ちゃん(中央)を撮影する和田芽衣さん=埼玉県飯能市で2017年1月21日、蒔田備憲撮影

 難病「結節性硬化症」を患う5歳の長女と暮らしながら、写真家として活動する和田芽衣(めい)さん(33)=埼玉県飯能市=が、若手写真家の登竜門とされる「第12回名取洋之助写真賞」で奨励賞に輝いた。病気の進行で「今の笑顔が見られなくなるかも」と長女を撮り続けた約2万枚から30枚を選んだ「娘(病)とともに生きていく」が受賞作。「ありのままの日常を伝え、同じ境遇の人たちの支えになりたい」との思いを込めたという。

 長女結希(ゆき)ちゃんに異変を感じたのは、生後9カ月のころ。眠くないのに前傾姿勢になり、体の左側に…

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです