メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パン老舗

懐かしの味…久留米の「キムラヤ」月末事業終了

閉店が決まり、大勢の買い物客が訪れているキムラヤの直売店。看板商品のホットドッグは午前中で売り切れることも=福岡県久留米市津福本町で2017年1月13日午後2時36分、上田泰嗣撮影

 創業90年を誇る福岡県久留米市の老舗製パン業「木村屋」が今月末で事業を終了することになった。市内にある自社工場は同業者に譲渡し、「キムラヤ」の屋号で展開する全7店舗は閉鎖する。久留米のソウルフードと呼ばれ親しまれてきたが、原料価格の高騰などで経営環境が悪化した。閉店を前に客がひっきりなしに訪れ、名残を惜しむ声も多く寄せられている。

 同社は1926(大正15)年創業。国内製パン業の草分けで、日本で最初にあんパンを作った木村屋総本店(東京)からのれん分けされた。元祖メロンパンと銘打つ「まるあじ」や、犬の舌に見立てた赤いハムをコッペパンに挟んだ「ホットドッグ」が看板商品。高度経済成長期には、学校給食に対応して工場を設置し、多い時は久留米地区を中心に県内外に20店以上の直売店を構えた。

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです