メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乳がん

ぬくもり伝える…京都・経験者ら相次ぎ起業

おしゃれな乳がん下着を手にするアボワールの中村真由美さん=京都市中京区で2016年12月19日午後3時5分、野口由紀撮影

 乳がんを経験した女性やその家族が、自身の経験を生かし、京都で相次いで起業している。手掛けるのは、手術後に着用できるおしゃれな下着や人工乳房。女性にとってかけがえのない乳房を失うこともある患者の苦しさを少しでも癒やし、前向きに生きられるよう背中を押している。【野口由紀】

おしゃれな下着、軽い人工乳房

 京都市中京区で乳がん下着専門店「アボワール」を開設する中村真由美さん(55)。2011年3月に両胸の手術を受け、右胸の大部分を切除。放射線治療が終わり、自分へのご褒美として下着を買おうと思ったが、術後のブラジャーの選択肢の少なさに驚いた。

 ベージュなど地味な色ばかりで、傷痕を隠すために布が大きめで、さえない。その上、1枚7000~1万5000円と価格も高く、「乳がんを経験しただけで、今までとは違う場所に置かれたような気持ちになった」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り869文字(全文1243文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです