メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天皇退位

論点整理を国会提示 首相、与野党協議促す

 安倍晋三首相は24日、天皇陛下の退位に向けた法整備をめぐり、国会内で衆参両院の正副議長と会談した。首相は政府の有識者会議がまとめた「論点整理」を提示した。与野党協議を促すためで、首相が特定の法整備について国会に直接、要請するのは異例だ。天皇の地位が国民の総意に基づくとした憲法の規定をふまえ、国会での合意形成を重視したためとみられる。

 首相は論点整理について「各党の論議の参考としてもらえればありがたい。内容を政府から説明させてもらう場を設けさせてもらいたい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無資格の施設長が医療行為の胃ろう処置 神戸の特養老人ホーム 人手不足で

  2. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

  3. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  5. 東京都 新たな感染者195人 2日連続で100人超える 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです