映画興行収入

最高2355億円 入場者も42年ぶり記録

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
(C)2016「君の名は。」製作委員会
(C)2016「君の名は。」製作委員会

 日本映画製作者連盟(会長・岡田裕介東映グループ会長)は24日、2016年の映画概況を発表した。総興行収入は2355億800万円で、統計の取り方が現在の形になった2000年以降で過去最高。映画館の入場者数も1億8018万9000人と、42年ぶりに1億8000万人を超えた。「君の名は。」(新海誠監督)、「シン・ゴジラ」(庵野秀明総監督)などアニメと特撮映画が全体の数字を押し上げた。

 興収の内訳は、邦画が1486億800万円(前年比23.5%増)、洋画が869億円(同10.2%減)で、邦画と洋画で明暗を分けた。邦画は「君の名は。」を含む4本のアニメが興収50億円以上を記録。洋画も2~4位をアニメが占めた。

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文857文字)

あわせて読みたい

注目の特集