メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフル

宮崎・木城の養鶏場で陽性反応

鳥インフルエンザが発生した養鶏場付近で対応を話し合う関係者ら=宮崎県木城町高城木寺の県道沿いで2017年1月24日午後5時13分、塩月由香撮影

 宮崎県は24日、同県木城町の養鶏場の鶏から簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。遺伝子検査で高病原性と確定すれば、県は家畜伝染病予防法に基づき、同じ経営者が飼育するこの養鶏場と近くの養鶏場の計約16万8400羽を殺処分する。

 県によると、同日午前11時半、農場から鶏約130羽が死んでいると通報があり、県宮崎家畜保健衛生所(宮崎市)が簡易検査した7羽全てから陽性反応が出た。発生農場は、昨年12月に鳥インフルエンザが検…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文547文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 拳銃強奪
  3. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  4. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  5. 逮捕の男、山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです