メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフル

宮崎・木城の養鶏場で陽性反応

鳥インフルエンザが発生した養鶏場付近で対応を話し合う関係者ら=宮崎県木城町高城木寺の県道沿いで2017年1月24日午後5時13分、塩月由香撮影

 宮崎県は24日、同県木城町の養鶏場の鶏から簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。遺伝子検査で高病原性と確定すれば、県は家畜伝染病予防法に基づき、同じ経営者が飼育するこの養鶏場と近くの養鶏場の計約16万8400羽を殺処分する。

 県によると、同日午前11時半、農場から鶏約130羽が死んでいると通報があり、県宮崎家畜保健衛生所(宮崎市)が簡易検査した7羽全てから陽性反応が出た。発生農場は、昨年12月に鳥インフルエンザが検…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文547文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです