メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

マンション生活、盲点は 民泊ノーなら規約で禁止を

 快適で安全なはずのマンション生活を脅かすトラブルや事件が、次々と起きている。最近目立つのが「違法民泊」を巡る騒音やゴミ処理に関する苦情の増加だ。知らないうちに合鍵を複製されて部屋に侵入される事件もあった。これらの「盲点」に、どう対応すればいいのか。【沢田石洋史】

無断転貸、警察にも相談/鍵番号、知られぬように/現金管理、担当は交代で

 「日ごろ見かけない人が出入りするようになり、不安だ」「酒盛りなどの騒音が絶えない」「ゴミ出しのルールが守られていない」

 これらは、マンションの空き部屋などに有料で旅行者を泊める「民泊」を巡り、東京都新宿区に寄せられた苦情の一部だ。2015年度は95件だったが、今年度は4~11月だけで166件に上る。このうち7割以上をマンションなどの共同住宅が占めており、いずれも旅館業法上の許可を得ていない「違法民泊」だった。

この記事は有料記事です。

残り1975文字(全文2349文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  3. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  4. 俳優のデビッド・プラウズさん死去 スター・ウォーズ「ダース・ベイダー」役

  5. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです