メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
しあわせのトンボ

思いがたたずむ春を=近藤勝重

 “ふと思いがたたずむ”--この言葉が気に入っている。井上靖氏が高見順氏の詩集「死の淵より」を評する際に「詩が読む者に与える感動は、三好達治氏の言葉を借りれば、“ふと思いがたたずむ”といった体の形に於(おい)てである」と書いているのを講談社文芸文庫編「追悼の文学史」で知って以来、頭にすみついている。

 といってぼくの場合、そういう感動は詩に限らない。散歩時に目に入る木々や花々、わけても白い花には心が動き、ふと思いがたたずむ。寒風にもまれながら銀色の毛に包まれたつぼみをふくらませ、春先には白い6弁花をつけるハクモクレンは、その代表的な花木だ。

 テレビをつければ聞こえてくるフォークなど昭和の名曲もたぶんにそうだ。いつしかその時代に戻って、心は…

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文917文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです