メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

綱打ち、太鼓に合わせ

出来上がった綱を締めてもらう新横綱稀勢の里(中央)=東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で2017年1月26日午前9時57分、代表撮影

 大相撲の第72代横綱に昇進した稀勢の里(30)=本名・萩原寛(ゆたか)、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が締める横綱を作る「綱打ち」が26日午前、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で行われた。師匠の田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)をはじめ二所ノ関一門の親方衆が見守る中、部屋付きの西岩親方(元関脇・若の里)や弟弟…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  2. 和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」メンバー感染 クラスター発生か

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです