メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

声かけ促すバッジ 盲導犬利用者と周囲を結ぶ 「お手伝いしましょうか」

 視覚障害者が駅のホームから転落する事故が相次いでいることを受け、横浜市の一般社団法人「盲導犬総合支援センター」が、盲導犬を連れた人への声かけを促す缶バッジを作製した。「『お手伝いしましょうか』の声かけをお願いします」と書かれたバッジを盲導犬利用者に身につけてもらうことで、周囲が声をかけやすくするのが狙い。【宇多川はるか】

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです