メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木村屋

ありがとう「キムラヤ」 月末事業終了 全店閉鎖、惜しむ声 直売店に行列、ホットドッグ完売も /福岡

閉店が決まり、大勢の買い物客が訪れているキムラヤの直売店。看板商品のホットドッグは午前中で売り切れることも

 創業90年を誇る久留米市の老舗製パン業「木村屋」が今月末で事業を終了することになった。市内にある自社工場は同業者に譲渡し、「キムラヤ」の屋号で展開する全7店舗は閉鎖する。久留米のソウルフードと呼ばれ親しまれてきたが、原料価格の高騰などで経営環境が悪化した。閉店を前に客がひっきりなしに訪れ、名残を惜しむ声も多く寄せられている。【上田泰嗣】

 同社は1926(大正15)年創業。国内製パン業の草分けで、日本で最初にあんパンを作った木村屋総本店(東京)からのれん分けされた。元祖メロンパンと銘打つ「まるあじ」や、犬の舌に見立てた赤いハムをコッペパンに挟んだ「ホットドッグ」が看板商品。高度経済成長期には、学校給食に対応して工場を設置し、多い時は久留米地区を中心に県内外に20店以上の直売店を構えた。

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文821文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. 北九州市、無症状の濃厚接触者にもPCR検査 感染確認急増に影響か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです