メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「鉄路の記憶・駅の表情」鹿児島

志布志駅/下 SLたたずむ機関区跡 国鉄職員ら保存働きかけ /鹿児島

志布志駅の機関区跡に保存されているSL「C58-112」号機。保存会メンバーが整備、清掃を欠かさない

 三つの路線が集結する鉄道の一大拠点だった志布志駅は現在、南宮崎(宮崎市)との間を結ぶ日南線のみが発着する。かつての駅は取り壊され、新たな駅舎が新築された。旧駅や関連施設のあった場所は、道路や商業施設となった。その一角、ホーム跡の南側、機関区があった跡地にできた鉄道記念公園には、廃線となった志布志線(志布志-宮崎県西都城)の風景を見続けた蒸気機関車(SL)が1両たたずんでいる。

 SLは、正式には「C58-112」号という。「私と同い年です」。元機関士で志布志町SL保存会長の宮…

この記事は有料記事です。

残り1152文字(全文1392文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

  5. 池袋のホテルで女性?の変死体 遺棄事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです