メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
始動

トランプ政権 メキシコ強気の構え 「尊厳」掲げ、米に対抗

演説で外交方針を語るメキシコのペニャニエト大統領=メキシコ市で23日、AP

 【サンパウロ朴鐘珠】トランプ米新政権の外交や通商政策に対し、隣国メキシコが強気の姿勢を鮮明にしている。31日にはワシントンで米メキシコ首脳会談が行われ、トランプ氏の看板公約だった国境の壁建設が議題に挙がる見通し。メキシコは人道上の観点から反対するだけでなく、トランプ氏が要求する費用負担にも一切応じない構えだ。拳を振り上げたままの両首脳がどこに着地点を見いだすのか、先行きは不透明だ。

 トランプ氏が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)から離脱する大統領令に署名した23日、TPP参加…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文997文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです