メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

働き方改革の推進=第一生命経済研究所特別顧問・松元崇

 先週、昨年の自殺者が22年ぶりの低水準である2万1764人になったことが報じられていた。まだ多いとはいえ喜ばしいことである。それは我が国経済にとっても明るい話題である。ちなみに私は、自殺対策が内閣の重要課題として内閣府の担当とされていた2009年、担当統括官(官房長と兼務)を務めた(現在、自殺対策は厚生労働省に移管されている)。

 我が国の自殺者数が、それまでの2万人台から3万人を超えるようになったのは、山一証券や北海道拓殖銀行…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  3. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  4. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです