メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

宇宙の暗黒物質、捉えろ 間接証拠はあるが正体不明

 宇宙に大量にあることは間違いないが、見えないため正体が不明な暗黒物質(ダークマター)。銀河や銀河団の生成など宇宙の進化に重要な役割を果たしたとされ、日本はもちろん世界中の研究者がその検出に挑戦している。【河内敏康】

 昨年12月、暗黒物質の発見を期待させるニュースがあった。米国などのチームが、国際宇宙ステーション(ISS)に取り付けた観測装置「AMS-02」のデータを解析し、暗黒物質が姿を変えたとみられる反陽子や反中性子でできた「反ヘリウム」の原子核を確認した可能性がある、と発表したのだ。本当ならノーベル賞に値する成果だが、データの蓄積が必要で真偽の結論が出るのはまだ先だ。

 「見えなくても、間接証拠を基に大半の研究者は存在を確信している」。東京大カブリ数物連携宇宙研究機構…

この記事は有料記事です。

残り1115文字(全文1455文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです