メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

稀勢の里 真っすぐ横綱、誕生 恩師、両親感慨深く 素直な気持ち口上に

茨城県龍ケ崎市立長山中時代の稀勢の里=2002年2月(若林克治さん提供)

 大相撲で72人目の横綱となった稀勢の里(30)=本名・萩原寛(ゆたか)、茨城県出身、田子ノ浦部屋。初土俵から、どんな時も見守り、応援し続けてきた関係者にも大きな喜びが広がった。歴史に残る大横綱へ--。さらなる期待が高まっている。

 伝達式で稀勢の里が述べた口上は「横綱の名に恥じぬよう、精進いたします」--。中学2、3年の担任だった若林克治さん(49)=茨城県稲敷市立江戸崎中学教諭=は「口上は彼らしい素直な気持ちが表れている」と感慨深く受け止めた。

 稀勢の里は2002年3月に同県龍ケ崎市立長山中学を卒業。ずば抜けた体格を生かし野球部に所属。中3時の体力測定で身長は182センチ、体重が114キロ。握力は右70キロ、左63キロだった。若林さんは「体は大きくても気持ちは子供。力加減が分からず、クラス対抗ドッジボールで女の子に当てて泣かせてしまい、叱ったら泣いて素直に謝った」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り2046文字(全文2440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いっそ営業禁止と言ってほしい」人影途絶えた歌舞伎町 風俗業界も深刻

  2. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  3. 14都道府県26カ所でクラスター発生 東京・兵庫が最多4カ所 厚労省公表

  4. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

  5. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです