メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

せんとくん

公式ツイッター苦戦 自虐ネタで巻き返し

奈良県が開設しているアカウント。「せんとくんのつぶやき」の後に【公式】と付け加えて差別化を図る=ツイッターから

 奈良県のマスコットキャラクター「せんとくん」の公式ツイッターが苦戦している。フォロワー(読者)数は、非公式ツイッターの10分の1以下しかない。県は「非公式にも自由にやってもらい、奈良を盛り上げたい」と話すが、公式ツイッターで昨年の大みそかに「悲しい~もっとがんばるね」と自虐的につぶやき、ちょっぴり巻き返した。ライバルとして並び立てるか。

 せんとくんは2008年、「平城遷都1300年祭」(10年開催)のキャラクターとしてデビューした。非公式ツイッターは09年に始まり、関西弁も交えて親しみやすく観光やイベント情報をつぶやく。運営者が誰かは不明だが、昨夏の参院選では投票を呼び掛けたり、つぶやきは多彩だ。

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. 「オンブズマン活動するなら市議やめろ」愛知・弥富市議会が辞職勧告を決議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです