メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稀勢の里

「ひい、ふう、みい」で綱打ち 土俵入りも稽古

一門の力士たちによる「綱打ち」を見る新横綱稀勢の里(右)=東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で2017年1月26日午前8時43分、代表撮影

 大相撲の第72代横綱に昇進した稀勢の里(30)=本名・萩原寛(ゆたか)、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が締める横綱を作る「綱打ち」が26日午前、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で行われた。師匠の田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)をはじめ二所ノ関一門の親方衆が見守る中、部屋付きの西岩親方(元関脇・若の里)や弟弟…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄知事の日替わりマスクは妻の手作り10種類 「あれが2枚なら欲しい」の声も

  2. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  3. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  4. 石川県知事が「全面方針転換」 首都圏から訪問、自粛要請 県内でクラスター発生

  5. 感染遺体、難しい取り扱い 「葬儀体制が崩壊」…危惧する業者、独自に自衛

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです