メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稀勢の里

「ひい、ふう、みい」で綱打ち 土俵入りも稽古

一門の力士たちによる「綱打ち」を見る新横綱稀勢の里(右)=東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で2017年1月26日午前8時43分、代表撮影

 大相撲の第72代横綱に昇進した稀勢の里(30)=本名・萩原寛(ゆたか)、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が締める横綱を作る「綱打ち」が26日午前、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で行われた。師匠の田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)をはじめ二所ノ関一門の親方衆が見守る中、部屋付きの西岩親方(元関脇・若の里)や弟弟…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 新たに65人が感染 所沢の病院で4人死亡 /埼玉

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. ヤフー、最大39万件のID誤登録 氏名、住所、電話番号など別の利用者に

  4. 広島に同行した官邸記者が聞きたかった首相の本音 「核のない世界」への決意は…

  5. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです