メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国

「帝国の慰安婦」著者無罪 名誉毀損認めず 地裁

 【ソウル大貫智子】著書「帝国の慰安婦」で虚偽の記述をし、元慰安婦の名誉を傷つけたとして、名誉毀損(きそん)罪で在宅起訴された韓国・世宗(セジョン)大の朴裕河(パク・ユハ)教授に対する判決公判が25日、ソウル東部地裁で開かれた。李相潤(イ・サンユン)裁判長は本の記述について、「意見の表明に過ぎず、名誉毀損にあたらない」として、無罪を言い渡した。原告の元慰安婦側は強く控訴を求めており、検察側も控訴する方針とみられる。

 元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さんらは2014年6月、朴教授を刑事告訴し、検察は15年11月に在宅…

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文798文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  3. WEB CARTOP 歴代ファンも納得の中身! 新型スズキ ジムニーの先行情報が公開
  4. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  5. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]