メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国

「帝国の慰安婦」著者無罪 名誉毀損認めず 地裁

 【ソウル大貫智子】著書「帝国の慰安婦」で虚偽の記述をし、元慰安婦の名誉を傷つけたとして、名誉毀損(きそん)罪で在宅起訴された韓国・世宗(セジョン)大の朴裕河(パク・ユハ)教授に対する判決公判が25日、ソウル東部地裁で開かれた。李相潤(イ・サンユン)裁判長は本の記述について、「意見の表明に過ぎず、名誉毀損にあたらない」として、無罪を言い渡した。原告の元慰安婦側は強く控訴を求めており、検察側も控訴する方針とみられる。

 元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さんらは2014年6月、朴教授を刑事告訴し、検察は15年11月に在宅…

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです