メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国

対日関係悪化ひとまず回避 朴教授無罪

 元慰安婦に対する名誉毀損罪に問われた韓国・世宗(セジョン)大の朴裕河(パク・ユハ)教授に対する無罪判決が出たことで、慰安婦問題を巡る日韓関係のさらなる悪化は回避された格好だ。ただ、年内に行われる次期大統領選の野党主要候補は2015年12月の慰安婦問題に関する日韓両政府合意の再交渉を掲げており、この問題が引き続き、両国関係の火種となる構図に変わりはなさそうだ。

 「被告人(朴教授)の評価には議論の余地が多いと認められる」。ソウル東部地裁の李相潤(イ・サンユン)…

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 池袋暴走書類送検 遺族の松永さん「やっとスタートラインに」

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです