メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛騨市

1日だけです 旧神岡鉄道「おくひだ1号」復活

公開された11年ぶりに走ることになった「おくひだ1号」=岐阜県飛騨市神岡町で2017年1月25日午後1時54分、中村宰和撮影

 岐阜県飛騨市などは25日、11年前に廃線となった旧神岡鉄道のディーゼル車両「おくひだ1号」(1両)を今年4月8日の1日だけ「復帰」させ、同鉄道の線路で走らせるイベントを開くと発表した。また、廃線を観光に生かしている全国の事業者が連携する「日本ロストライン協議会」を設立し、走行日に調印式も実施する。

 旧神岡鉄道は1984年に開業し、奥飛騨温泉口(飛騨市神岡町)-猪谷(富山市)間19.9キロを結んでいた。沿線の鉱山閉山などに伴い2006年に廃線となり…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです