メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IOC

北京五輪ジャマイカ「金」剥奪 銅の日本が銀か

北京五輪の陸上男子400メートルリレーで失格となったウサイン・ボルト(右から2人目)らジャマイカの4選手。左から2人目がネスタ・カーター=北京市の国家体育場で2008年8月22日、山本晋撮影

陸上男子400リレー ボルトのチームメートが陽性反応

 国際オリンピック委員会(IOC)は25日、2008年北京五輪陸上男子400メートルリレーで優勝したジャマイカを失格処分にしたと発表した。100メートル、200メートルの世界記録保持者のウサイン・ボルト(30)を含むメンバー全員の金メダルが剥奪される。ボルトのチームメートだったネスタ・カーター(31)が北京五輪のドーピング再検査で陽性反応を示して失格となったため。処分が確定すれば、銅メダルだった日本(塚…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  2. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 女子シングルス・美誠敗れ3冠逃す、ひな初優勝 男子・宇田初優勝 全日本卓球

  5. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです