メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

ホームドア新設91駅 大阪地下鉄など、転落事故受け

2016年10月以降に決まったホームドアの新設

 視覚障害者が昨年8月と10月に駅ホームから転落して死亡した事故の後、少なくとも全国の鉄道10社が計91駅でホームドアを新設すると決めたことが分かった。このうち90駅を整備する9社は、計画の検討段階で2件の事故が起きて安全を求める機運が高まり、設置を後押しされたとしている。【内橋寿明】

 1日の利用者が10万人以上の駅を管理する大手で、全駅にホームドアを設置済みの5社を除く28社へ取材したところ、昨年10月以降に10社が新たに91駅で設置すると決めた。国が求める10万人超の利用駅に限定せず、転落事故や障害者の利用が多い駅を選んでいる。

 10社で最多の31駅に新設する東武鉄道は、2020年度末までに8駅、21年度以降に23駅で設置する…

この記事は有料記事です。

残り866文字(全文1185文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです