メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保法制訴訟

3人が意見陳述 地裁初弁論 /神奈川

 安全保障関連法の制定により平和的生存権を侵害されたとして、県民ら254人が国を相手取り損害賠償と自衛隊の防衛出動などの差し止めを求めた訴訟の第1回口頭弁論が26日、横浜地裁(石橋俊一裁判長)で開かれ、3人の原告らが「憲法9条に反した法律がまかり通りつらい」などと意見陳述した。

 原告の藤原律子さん(85)は14歳の時…

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文343文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. ORICON NEWS ホリプロ、舞台『アクタージュ』の今後は「改めてご報告」 原作者が逮捕報道で事実確認中

  4. 新型コロナ 新たに10人が感染 確保の155床に115人入院 /滋賀

  5. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです