インフルエンザ

初の警戒レベルに 中北保健所管内など /山梨

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は26日、インフルエンザの流行が県内の一部地域で今シーズン初めて警報レベルに達したと発表した。16~22日の1週間に医療機関から報告があった患者数の平均が基準(30人)を超えた。

 警報レベル入りしたのは、中北保健所管内(甲府、甲斐、中央市、昭和町)で1医療機関当たり40・50人▽同保健所峡北支所…

この記事は有料記事です。

残り83文字(全文233文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集