メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

メキシコ国境、建設指示 「壁」実現性、二の次 公約着手を優先

国境の壁をめぐるトランプ米大統領の主張とメキシコ政府の反論

 トランプ米大統領は25日、不法移民対策の選挙公約だったメキシコ国境沿いでの壁建設を指示した。27日に就任から1週間となるトランプ氏は、「米国第一主義」の政策実現に向けて大統領令を連発。だが、実現可能性や実効性の考慮は後回しにし、支持者へのアピールを最優先に据えているのが実態だ。

 「国境のない国家は、国家ではない」。トランプ氏はメキシコとの国境の管理を強化する大統領令に署名した後に演説し、周囲の側近らから拍手を浴びた。

 国境の壁建設は、トランプ氏の「米国第一主義」を象徴する看板公約だ。1100万人とも言われる不法移民に対し、「職を奪われた」「犯罪が目立つ」などと不満を抱く白人労働者らが喝采を送ってきた。

この記事は有料記事です。

残り1992文字(全文2297文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです