連載

渡部暁斗 銀鏡に向かう

王者は「キング・オブ・スキー」と称されるノルディック複合。渡部暁斗選手が競技への考えや日々感じることを発信します。

連載一覧

渡部暁斗 銀鏡に向かう

自問自答 メダルを目指す理由=ノルディックスキー複合・渡部暁斗

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 僕が目指すべき場所がワールドカップ(W杯)の年間総合優勝であることは、以前も今も変わらない。2014年ソチ五輪の時は、五輪でメダルを目指す理由を明確に答えられなかった。再び五輪が近づき「お前はなぜメダルを取りたいのか」と、五輪で金メダルを狙う意味を自分に問いかけるようになった。

 ノルディック複合は4年に1度の五輪しか注目されないし、五輪は避けて通れない。でも、そこに何となく向かうのは納得できないし、僕なりの意味を見いだしたい。

 ソチ五輪では銀メダルを取った。フレンツェル(ドイツ)と競り合った内容に納得しているから銀メダルでいいと思える。メダリストになり、周囲のサポートも一層得られるようになった。街で声をかけられたりもする。以前より発言や行動に責任が伴い、常に意識しなければならない。

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文922文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集