英首相

「米と新時代築く責任」訪米先で演説

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ロンドン矢野純一、ワシントン会川晴之】トランプ米大統領の招きで訪米した英国のメイ首相は26日午後(日本時間27日未明)、米東部ペンシルベニア州フィラデルフィアで開かれた共和党の会合で演説した。メイ氏は「両国が世界をけん引して繁栄をもたらし、新時代を築く責任がある」と述べ特別な関係をさらに深めるとした。

 メイ氏は「米国第一主義」を掲げ大統領選に勝利したトランプ氏を「米国に力強さ、偉大さとより大きな自信を与える」と称賛。1980年代にサッチャー元英首相とレーガン元米大統領が冷戦終結に向け緊密に連携したことに触れ「我々の価値観、利益、信念を守るための協力は共通の利益だ」と述べた。また、両国が保護主義的だと批判されていることを念頭に「オープンで自由な民主社会」の重要性を強調した。

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文700文字)

あわせて読みたい

注目の特集