大津地裁

小学校教頭 不倫探り女性尾行 起訴内容認める

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 複数の女性を脅して呼び出そうとしたとして強要未遂罪に問われた滋賀県東近江市立小学校の教頭、有川智章被告(50)=同市=の初公判が25日、大津地裁(小野裕信裁判官)で開かれた。検察側は冒頭陳述で、有川被告が不倫をしていると思った女性たちの動向を50~100件記録し、後に尾行したと手口を説明。「不倫はいけないことなのでやめさせようと思った」と供述しているとした。

 起訴状などによると、有川被告は2016年10月、同県湖南市のドライブイン駐車場で女性(当時46歳)が男性の車に乗り込む姿を撮影。その後に女性の自宅を訪れ「浮気しているでしょ」と声をかけて立ち去るなどした。さらに別の日、女性のガレージに、撮影画像と、「ご主人にばれます」「今の生活ともお別れです」として呼び出す紙を置いた。また別の女性(同40歳)が男性とホテルに出入りする場面を見かけ、後に尾行して「…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文804文字)

あわせて読みたい

ニュース特集