メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男性警官

女性署員にプロレス技 滋賀県警、セクハラ調査

 滋賀県警長浜署の男性警官が、昨年11月に開かれた署内の懇親会で、20代の女性署員2人にプロレス技をかけていたことが県警への取材でわかった。複数の男性署員が携帯電話で写真を撮り、一部の参加者間で共有していたという。県警はセクハラなどの可能性があるとみて調査しており、処分を検討する。

 県警監察官室によると、懇親会は人事異動に合わせ、11月22日の午後7時ごろから、地域課の署員25人が参加して長浜市内の飲食店で開いた。警部以上の幹部はいなかった。

 余興として男性警官がプロレス技を複数の同僚にかけ始め、女性2人にも「つり天井固め(ロメロ・スペシャル)」と呼ばれる技をかけた。手足をつかんであおむけに体を持ち上げ、足を開かせてえびぞりにさせる技で、女性1人はスカートを履いていた。

 県警監察官室は「調査を進めており、結果を踏まえ厳正に対処する」と話している。【大原一城】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです