メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

廃棄カツ横流し

食品卸元従業員も有罪判決 名古屋地裁

 廃棄された冷凍ビーフカツの横流し事件で、詐欺罪に問われた食品卸会社「ジャパン総研」(名古屋市)元従業員、木村正敏被告(77)に対し、名古屋地裁は27日、懲役2年6月、執行猶予3年(求刑・懲役3年2月)の判決を言い渡した。鵜飼祐充裁判官は「社会的影響が大きく、消費者の食の信頼をないがしろにした」と述べた。

 事件では3人が起訴され、これで1審判決が出そろった。残り2人は執行猶予付き有罪判決が確定している。

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです