メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャビア

廃校の設備生かし生産好調 輸出も視野 香川

水槽のチョウザメを見る板坂直樹社長=香川県東かがわ市で、岩崎邦宏撮影

 香川県東かがわ市の廃校となった校舎で、淡水魚のチョウザメの養殖が進んでいる。いけすを体育館に置き、加工作業に調理実習室を使うなど、学校設備を生かす。卵を塩漬けにしたキャビアの生産も開始から4年弱で軌道に乗って、ふるさと納税の返礼品として好評を得ており、海外展開も視野に入れる。

 2011年4月に近くの小学校と統合した旧引田中学校の校舎を、卒業生の板坂直樹さん(49)が社長を務める建設会社「大協建工」(高松市)が購入、13年5月に養殖を始めた。

 体育館には水槽13基(水量計約480トン)を並べていけすにし、体長30センチ~3メートルのチョウザ…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 競馬GⅠ 菊花賞 ワールドプレミアV

  4. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  5. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです