鉄道10社

ホームドアを91駅で新設 転落事故契機

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ホーム上の事故を防ぐため設置が進むホームドア=東京都豊島区のJR目白駅で、内藤絵美撮影
ホーム上の事故を防ぐため設置が進むホームドア=東京都豊島区のJR目白駅で、内藤絵美撮影

 視覚障害者が昨年8月と10月に駅ホームから転落して死亡した事故の後、少なくとも全国の鉄道10社が計91駅でホームドアを新設すると決めたことが分かった。このうち90駅を整備する9社は、計画の検討段階で2件の事故が起きて安全を求める機運が高まり、設置を後押しされたとしている。【内橋寿明】

 1日の利用者が10万人以上の駅を管理する大手で、全駅にホームドアを設置済みの5社を除く28社へ取材したところ、昨年10月以降に10社が新たに91駅で設置すると決めた。国が求める10万人超の利用駅に限定せず、転落事故や障害者の利用が多い駅を選んでいる。

 10社で最多の31駅に新設する東武鉄道は、2020年度末までに8駅、21年度以降に23駅で設置する。完了時期は未定だが、10万人超が利用する全11駅への設置を終える。北越谷(埼玉県越谷市)と朝霞(同県朝霞市)両駅は東京五輪・パラリンピックの会場予定地があるため設置を急ぐ。

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文1090文字)

あわせて読みたい

注目の特集