衆院予算委

与党も天下り追及…政府の本気度疑問視

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で自民・河野太郎氏の文部科学省の天下りあっせん問題について質問に対し答弁する松野博一文部科学相。後方は中座から戻った安倍晋三首相=国会内で2017年1月26日午前10時17分、川田雅浩撮影
衆院予算委員会で自民・河野太郎氏の文部科学省の天下りあっせん問題について質問に対し答弁する松野博一文部科学相。後方は中座から戻った安倍晋三首相=国会内で2017年1月26日午前10時17分、川田雅浩撮影

 26日の衆院予算委員会で、自民党の河野太郎前行革担当相が文部科学省による天下りあっせん問題を厳しく追及した。政府は全府省庁を対象にした調査を実施し再発防止に努める方針だが、野党だけでなく与党からも本気度を疑問視された格好で、早期に幕引きとはいきそうにない。

 河野氏は政府に遠慮なく切り込んだ。安倍晋三首相は「現行制度による厳格な監視が機能したから事案が明らかになった」と繰り返しているが、河野氏は再就職等監視委員会の委員4人が非常勤だと指摘し、体制充実を求めた。

 山本幸三国家公務員制度担当相が「どこまでできるか検討したい」と答弁すると、「へっぴり腰では困る」と一喝。野党委員から拍手を浴びた。

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文837文字)

あわせて読みたい

ニュース特集