政府

2国間交渉を検討…米TPP離脱念頭

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本は通商政策の再構築を迫られるが、課題は多い
日本は通商政策の再構築を迫られるが、課題は多い

 政府は26日、米国の環太平洋パートナーシップ協定(TPP)離脱表明を踏まえ、トランプ大統領が主張する2国間交渉に応じる検討に入った。安倍晋三首相が衆院予算委員会で「2国間の交渉についても、我々はしっかり交渉していきたい」と述べた。日米両政府は首相とトランプ氏の初の首脳会談を2月10日に米ワシントンで行う最終調整に入っており、通商交渉の進め方や日米同盟の今後が最大の焦点となる。

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文847文字)

あわせて読みたい

注目の特集