メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稀勢の里

27日に初お披露目の奉納土俵入り

芝田山親方(元横綱大乃国)から雲竜型の土俵入りの指導を受ける新横綱稀勢の里(右)=東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で2017年1月26日(代表撮影)

 大相撲第72代横綱に昇進した稀勢の里(30)=田子ノ浦部屋=が締める横綱が26日、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で完成、同じ二所ノ関一門の元横綱・大乃国の芝田山親方から「雲竜型」土俵入りの指導を受けた。稀勢の里は「ようやく昇進したという気持ちがわいてきた」と話した。27日午後、東京・明治神宮で、初お披露目の奉納土俵入りを行う。

 稀勢の里の入門時の師匠だった元横綱・隆の里が師事し、現役時代は幕内優勝10回で「土俵の鬼」と呼ばれた、初代若乃花(横綱在位1958~62年)の化粧まわし一式を相撲博物館から借りた。横綱は、大関・琴奨菊や嘉風、豪風ら一門の幕内力士らが作製。約4メートル、約6キロの綱を締め、芝田山親方から一つ一つの所作について指導された後、太刀持ちに部屋の弟弟子・高安、露払いに同じ一門の松鳳山を従え、動きを確認した…

この記事は有料記事です。

残り104文字(全文468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜市のナイトクラブでクラスター 従業員と客の計10人感染確認 新型コロナ

  2. 東京都の感染者が新たに118人 初の3桁 新型コロナ

  3. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです