メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まいスタイル@ストリート

(40)今季本命のロシア帽

寒さが本格化してから着用者が増えたロシア帽=日本ファッション協会提供

 今季の帽子事情を振り返ると、ここ数シーズン勢いのあった「つば広ハット」を着用している人は激減した。代わってベレー帽が大ブームとなったが、本格的に寒くなった12月ごろから風向きが変わった。ボリューミーな「ロシア帽」や「フライトキャップ」の人気が急上昇し、ベレー帽をしのぐ勢いだ。主にレディースを中心に着用者が増えているが、メンズにも徐々に浸透している。

 ロシア帽は厳密に言うと「ロシア帽」と「コサック帽」に分かれる。前者は別名「ウシャンカ」と呼ばれ、ロ…

この記事は有料記事です。

残り1567文字(全文1793文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  2. 夕張メロン2玉500万円 過去最高値、札幌で初競り 
  3. マグロ1本3億円超、史上最高値 豊洲市場初競り
  4. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  5. 琥珀採掘が大人気 ティラノサウルス出土で 岩手・久慈

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです