メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 自主避難者支援 長井市は家賃免除 定住促進住宅、来年度から2年間 /山形

 東京電力福島第1原発事故による自主避難者への住宅支援について、長井市は市定住促進住宅(同市小出)の入居者を対象に来年度から2年間、家賃を免除する独自支援を決めたことが27日、分かった。福島県が家賃を補助した残額を免除する。現在約30戸の空き部屋があり、市建設課の担当者は「家賃を払っている入居者との公平性を考えたが、自主避難者への継続支援が必要と判断した」と話している。【佐藤良一】

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

  2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

  3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

  4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

  5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです