メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全盲記者・岩下恭士のユニバーサロン

タッチバーで新たな創造の世界を /東京

 音声認識や指紋認証など最新のテクノロジーを取り入れながら、画面の読み上げ機能など障害者の使いやすさにも配慮したノートパソコンが登場した。昨年末、アップル社から発売された新型「マックブック・プロ」だ。

 私のような全盲者にとってアップル社のパソコンが優れているのは、音声読み上げ機能などが標準装備され、購入前に店頭で触れても、読み上げ機能を立ち上げれば、瞬時に画面上の文字を読み上げ始めることだ。

 マイクロソフト社の基本ソフト「ウィンドウズ」搭載パソコンは、同程度の画面読み上げを実現するには別に…

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文857文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです