メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

宇佐で回収の野鳥で確定 6年ぶり監視強化 /大分

 県は27日、宇佐市の山林で回収された野鳥のノスリ1羽の死骸について、確定検査の結果、H5N6型の高病原性鳥インフルエンザが検出されたと発表した。遺伝子検査で17日にA型鳥インフルエンザの陽性反応が出たため、鳥取大が詳しく検査していた。県内で感染が確定したのは6年ぶり。

 環境省は17日、回収地点から半径10キ…

この記事は有料記事です。

残り113文字(全文268文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. HARA 自殺未遂後初のTV出演 KARA時代のヒット曲披露(スポニチ)
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです