メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費者物価指数

デフレ脱却見通せず 16年下落、消費停滞も響く

 総務省が27日発表した2016年平均の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)は前年比0・3%下落の99・7と、4年ぶりのマイナスに転じた。原油安の影響が大きいが、個人消費の停滞も響いた。原油価格の持ち直しで17年の物価は再びプラスに浮上しそうだが、消費の力強い伸びは期待できず、政府・日銀が目指す「デフレ脱却」は見通せない。

 16年に下落が目立ったのはエネルギー関連。電気代が前年比7・9%、ガス代が9・6%とともに大幅下落…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

  5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです