労働基準法違反

三菱電と上司、不起訴 違法残業立証できず 横浜地検

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 横浜地検は27日、新入社員だった男性(31)を違法に長時間働かせたとして労働基準法違反(長時間労働)容疑で書類送検された三菱電機と当時の上司を不起訴処分(容疑不十分)とした。

 「起訴するに足る証拠を収集できなかった」としている。違法な残業をさせていた認識の立証が難しかったとみられる。

 同社と当時の上司は2014年1~2月、神奈川県鎌倉市の同社情報技…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集