メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

横綱稀勢の里、奉納土俵入り 決意新た「雲竜型」披露

奉納土俵入りする新横綱の稀勢の里=東京都渋谷区の明治神宮で2017年1月27日午後3時52分、中村藍撮影

 大相撲の第72代横綱に昇進した稀勢の里(30)=本名・萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=の横綱推挙式と奉納土俵入りが27日、東京・明治神宮で行われた。日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)から推挙状と横綱を渡された稀勢の里は、太刀持ちに弟弟子の小結・高安、露払いに同じ一門の前頭・松鳳山を従え、「雲竜型」の土俵入りを奉納した=写…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文418文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 拉致問題進展なく 安倍首相「断腸の思い、申し訳ない」 横田滋さん死去

  4. ノーベル賞・本庶氏が小野薬品提訴を表明 オプジーボ特許使用料226億円求め

  5. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです